湯波吉日記

2013年06月28日

時計草

初めて見た時に大きな花に驚いたのですが、最近はあちらこちらで見られるようになりました。
かつてキリスト教の布教に利用されたというこの花は、真ん中が十字架、雄しべが釘、回りが茨の冠、外側が10人の使徒などと例えられたそうです。


花はカーネーション、グラジオラス、スプレーバラ、ビットストルムを使った、色彩盛花の基本形です。
グラジオラスの白が咲き始めると、一段と華やかでしょうね。
  


Posted by 京ゆば 湯波吉  at 10:46 │Comments(0)おかみさん便り

2013年06月08日

雷除けのお札

6月1日は北野天満宮の雷除の大祭でした。守札はこの日のみ受けられるそうです。
太宰府に流された菅原道真の死後、清涼殿が落雷を受けたことなどから、道真の怨霊が雷神と結びついたようです。


花はナツハゼ、鳴子百合の葉、バラです。
ナツハゼにはとても小さな花が付いている枝があり、秋にはブルーベリーのような実になります。
  


Posted by 京ゆば 湯波吉  at 22:43 │Comments(0)おかみさん便り
通信販売

湯葉料理レシピ帖

レシピ一覧

KICSリンク
Copyright © yubakichi. All righits reserved.